1: 湛然 ★
2018年01月29日

第60回グラミー賞:年間最優秀アルバムはブルーノ・マーズ 最多6冠達成

 世界最高峰の音楽賞「第60回グラミー賞」の授賞式が29日(現地時間28日)、米ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで開催され、ブルーノ・マーズさんの「24K Magic」が年間最優秀アルバムに輝いた。マーズさんは「年間最優秀楽曲」「年間最優秀レコード」「最優秀R&Bアルバム」など主要3部門含む最多6冠を達成した。

 グラミー賞は、音楽業界の“アカデミー賞”ともいわれ、数ある音楽賞の中でも最も権威ある賞として世界が注目する米国の音楽賞。世界の音楽業界で目ざましい業績を上げたクリエーターやアーティストに贈られる賞で、全84部門の中でも「年間最優秀レコード」「年間最優秀アルバム」「年間最優秀楽曲」「最優秀新人賞」の4部門は、最も注目を集め、今回はジェイ・Zさんが主要3部門を含む最多8部門にノミネートされていたが無冠に終わった。

 「第60回グラミー賞授賞式」の模様はWOWOWプライムで生中継(同時通訳)。字幕版はWOWOWライブできょう午後10時から放送される。番組の案内役はジョン・カビラさんとホラン千秋さん、現地レッドカーペットレポーターは小牧ユカさんが務め、スペシャルゲストとして人気グループ「TOKIO」の長瀬智也さんも登場。

(以下略、全文はソースをご覧ください。)

ブルーノ

https://storage.mantan-web.jp/images/2018/01/29/20180129dog00m200013000c/001_size8.jpg
https://mantan-web.jp/article/20180129dog00m200013000c.html


前スレ(★1=2018/01/29 13:15:25.91)
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1517199325/

75:
>>1
ブルーノ大好き
24金は十年以上ぶりにレコード店で買ったもん!

94:
>>1
今年はどう考えてもデスパシートだったろ

668:
>>1
ブルーノ・マーズは「ブルーノ、マーズ」 のはずなんだけどどうしても
「ブルー、ノマーズ 」と脳内変換される
ブルーノ、おめでとう

2: 湛然 ★
第60回グラミー賞、受賞作品・受賞者一覧


最優秀レコード賞
ブルーノ・マーズ “24K Magic”

最優秀アルバム賞
ブルーノ・マーズ『24K・マジック』

最優秀楽曲賞
ブルーノ・マーズ “That’s What I Like”

最優秀新人賞
アレッシア・カーラ

最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンス賞
エド・シーラン “Shape Of You”

最優秀ポップ・デュオ/グループ・パフォーマンス賞
ポルトガル・ザ・マン “Feel It Still”

最優秀トラディショナル・ポップ・ヴォーカル・アルバム賞
V.A.『トニー・ベネット・セレブレイツ90』

最優秀ポップ・ボーカル・アルバム賞
エド・シーラン『÷(ディバイド)』

最優秀ダンス・レコーディング賞
LCDサウンドシステム “Tonite”

最優秀ダンス/エレクトロニック・アルバム賞
クラフトワーク『3-D ザ・カタログ』

最優秀コンテンポラリー・インストゥルメンタル・アルバム賞
ジェフ・ローバー・フュージョン『プロトタイプ』

最優秀ロック・パフォーマンス賞
レナード・コーエン “You Want It Darker”

最優秀メタル・パフォーマンス賞
マストドン ”Sultan’s Curse”

最優秀ロック楽曲賞
フー・ファイターズ “Run”

最優秀ロック・アルバム賞
ザ・ウォー・オン・ドラッグス『ア・ディーパー・アンダスタンディング』

最優秀オルタナティヴ・ミュージック・アルバム賞
ザ・ナショナル『スリープ・ウェル・ビースト』

>>3以降につづく)


https://nme-jp.com/news/49406/

3: 湛然 ★
>>2つづき)

最優秀R&Bパフォーマンス賞
ブルーノ・マーズ “That’s What I Like”

最優秀トラディショナル・R&Bヴォーカル・パフォーマンス賞
チャイルディッシュ・ガンビーノ “Redbone”

最優秀R&B楽曲賞
ブルーノ・マーズ “That’s What I Like”

最優秀アーバン・コンテンポラリー・アルバム賞
ザ・ウィークエンド『スターボーイ』

最優秀R&Bアルバム賞
ブルーノ・マーズ『24K・マジック』

最優秀ラップ・パフォーマンス賞
ケンドリック・ラマー “HUMBLE.”

最優秀ラップ/サング・パフォーマンス賞
ケンドリック・ラマー feat. リアーナ “LOYALTY.”

最優秀ラップ楽曲賞
ケンドリック・ラマー “HUMBLE.”

最優秀ラップ・アルバム賞
ケンドリック・ラマー 『ダム』

最優秀カントリー・ソロ・パフォーマンス賞
クリス・ステイプルトン “Either Way”

最優秀カントリー・デュオ/グループ・パフォーマンス賞
リトル・ビッグ・タウン “Better Man”

最優秀カントリー楽曲賞
クリス・ステイプルトン “Broken Halos”

最優秀カントリー・アルバム賞
クリス・ステイプルトン『フロム・ア・ルーム:ヴォリューム1』

最優秀ニューエイジ・アルバム賞
ピーター・ケイター『ダンシング・オン・ウォーターI』

最優秀ジャズ・インストゥルメンタル・ソロ賞
ジョン・マクラフリン “Miles Beyond”

最優秀ジャズ・ヴォーカル・アルバム賞
セシル・マクロリン・サルヴァントが『ドリームス・アンド・ダガーズ』

最優秀ジャズ・インストゥルメンタル・アルバム賞
ビリー・チャイルズ『リバース』

最優秀大規模ジャズ・アンサンブル・アルバム賞
クリスチャン・マクブライド・ビッグ・バンド『ブリンギン・イット』

最優秀ラテン・ジャズ・アルバム賞
パブロ・シーグレル・トリオ『ジャズ・タンゴ』

>>4以降につづく)

26:
>>2
あれ、レナードコーエンが取ってる
死んでるよね一昨年

4: 湛然 ★
>>2-3つづき)

最優秀ゴスペル・パフォーマンス賞
シーシー・ワイナンス “Never Have To Be Alone”

最優秀コンテンポラリー・クリスチャン・ミュージック楽曲賞
ヒルソング・ワーシップ “What A Beautiful Name”

最優秀ゴスペル・アルバム賞
シーシー・ワイナンス『レット・ゼム・フォール・イン・ラヴ』

最優秀コンテンポラリー・クリスチャン・ミュージック・アルバム賞
ザック・ウィリアムス『チェーン・ブレイカー』

最優秀ルーツ・ゴスペル・アルバム賞
リーバ・マッキンタイア『シング・イット・ナウ:ソングス・オブ・フェイス&ホープ』

最優秀ラテン・ポップ・アルバム賞
シャキーラ『エル・ドラド』

最優秀ラテン・ロック、アーバン、オルタナティヴ・アルバム賞
レジデンテ『レジデンテ』

最優秀リージョン・メキシカン・アルバム賞(テハーノ含む)
アイダ・クエバス『Arriero Somos Versiones Acusticas』

最優秀トロピカル・ラテン・アルバム賞
ルベーン・ブラデス & ロベルト・デルガード & オルケスタ『サルサ・ビッグ・バンド』

最優秀アメリカン・ルーツ・パフォーマンス賞
アラバマ・シェイクス “Killer Diller Blues”

最優秀アメリカン・ルーツ楽曲賞
ジェイソン・イズベル・アンド・ザ・400ユニット “If We Were Vampires”


>>5以降につづく)

6: 湛然 ★
>>2-4つづき)

最優秀アメリカーナ・アルバム賞
ジェイソン・イズベル・アンド・ザ・400ユニット『ザ・ナッシュヴィル・サウンド』

最優秀ブルーグラス・アルバム賞
ジ・インフェイマース・ストリングダスターズ『ローズ・オブ・グラヴィティ』

最優秀トラディショナル・ブルース・アルバム賞
ザ・ローリング・ストーンズ『ブルー&ロンサム』

最優秀コンテンポラリー・ブルース・アルバム賞
タジ・マハール&ケブ・モ『タジモ』

最優秀フォーク・アルバム賞
エイミー・マン『メンタル・イルネス』

最優秀リージョナル・ルーツ・ミュージック・アルバム賞
ロスト・バイユー・ランブラーズ『カレンダ』

最優秀レゲエ・アルバム賞
ダミアン“ジュニア・ゴング”マーリー『ストーニー・ヒル』

最優秀ワールドミュージック・アルバム賞
レディスミス・ブラック・マンバーゾ『シャカ・ズールー・リヴィジテッド:30thアニバーサリー・エディション』

最優秀子供向けアルバム賞
リサ・ローブ『フィール・ホワット・ユー・フィール』

最優秀スポークン・ワード・アルバム賞
キャリー・フィッシャー『ザ・プリンセス・ダイアリスト』

最優秀コメディ・アルバム賞
デイヴ・シャペル『ジ・エイジ・オブ・スピン&ディープ・イン・ザ・ハート・オブ・テキサス』

最優秀ミュージカル・ショウ・アルバム賞
『ディア・エヴァン・ハンセン』

最優秀サウンドトラック・アルバム編集賞:映画、テレビ、その他映像部門
V.A. 『ラ・ラ・ランド』

最優秀サウンドトラック・アルバム作曲賞:映画、テレビ、その他映像部門
V.A. 『ラ・ラ・ランド』

最優秀楽曲賞:映画、テレビ、その他映像部門
“How Far I’ll Go” (『モアナと伝説の海』)

最優秀インストゥルメンタル作曲賞
アルトゥーロ・オファリル&チューチョ・バルデス “Three Revolutions”

最優秀インストゥルメンタルまたはアカペラ編曲賞
ジョン・ウィリアムス “Escapades for Saxophone and Orchestra”

最優秀ヴォーカル入りインストゥルメンタル編曲賞
ランディ・ニューマン “Putin”

>>6以降につづく)

7: 湛然 ★
>>2-5つづき)

最優秀レコーディング・パッケージ賞
ファーザー・ジョン・ミスティ 『ピュア・コメディ(デラックス・エディション)』

最優秀ボックスまたはスペシャル・リミテッド・エディション・パッケージ賞
V.A. 『ザ・ヴォイジャー・ゴールデン・レコード』

最優秀アルバム・ノーツ賞
オーティス・レディング 『ライヴ・アット・ザ・ウィスキー・ア・ゴー・ゴー:コンプリート・レコーディングス』

最優秀ヒストリカル・アルバム賞
レナード・バーンスタイン 『レナード・バーンスタイン ? ザ・コンポーザー』

最優秀アルバム技術賞(クラシック以外)
ブルーノ・マーズ 『24K・マジック』

最優秀プロデューサー賞(クラシック以外)
グレッグ・カースティン

最優秀リミックス・レコーディング賞
デペッシュ・モード “You Move (Latroit Remix)”(デニス・ホワイト)

最優秀サラウンド・サウンド・アルバム賞
ジェーン・アイラ・ブルーム 『アーリー・アメリカンズ』

最優秀アルバム技術賞(クラシック部門)
マンフレッド・ホーネック / ピッツバーグ交響楽団『ショスタコーヴィチ: 交響曲第5番ニ短調Op.47「革命」バーバー: 弦楽のためのアダージョ』

最優秀プロデューサー賞(クラシック部門)
デヴィッド・フロスト

最優秀オーケストラ・パフォーマンス賞
マンフレッド・ホーネック / ピッツバーグ交響楽団『ショスタコーヴィチ: 交響曲第5番ニ短調Op.47「革命」バーバー: 弦楽のためのアダージョ』

最優秀オペラ・レコーディング賞
『ベルク:ヴォツェック』

最優秀合唱パフォーマンス賞
『ブライアーズ:ザ・フィフス・センチュリー』

最優秀小規模アンサンブル・パフォーマンス賞
パトリシア・コパチンスカヤ&セント・ポール室内楽団 “Death & The Maiden”

最優秀クラシック・インストゥルメンタル・ソロ賞
ダニール・トリフォノフ “Transcendental”

最優秀クラシック・ソロ・ヴォーカル・アルバム賞
バーバラ・ハンニガン、ルードヴィッヒ・オーケストラ(演奏)『クレイジー・ガール・クレイジー』

最優秀クラシック・コンペンディアム賞
ジェイムス・バトン、ロベルト・ディアス&ナッシュヴィル交響楽団『ヒグドン:全ては壮大な/ヴィオラ協奏曲/オーボエ協奏曲』

最優秀クラシック・コンテンポラリー作曲賞
ジェイムス・バトン、ロベルト・ディアス&ナッシュヴィル交響楽団 “Viola Concerto”

最優秀ミュージック・ビデオ賞
ケンドリック・ラマー “HUMBLE.”

最優秀音楽映画賞
V.A. 『ザ・デファイアント・ワンズ』

(おわり)

9:
 
どこがええんかわからんわ
あっちの音楽も昔のファンクやらディスコ音楽を焼き直して電子音つけてるだけじゃねーか

12:
ブルーノマーズのちょーカッコイイ
スーパーボウルハーフタイムショー2連発
歌も踊りもドラムもなにやらせてもカッコイイ
世界一カッコイイ身長センチ台

13:
Uptown Funkだけの一発屋かと思ってたわ

457:
>>13
というか爽やかソングでその前からブレークしていた。
アップタウンで路線変更。
古いディスコミュージックを現代風にアレンジしただけなのにバカウケしてしまった。24のミュージックビデオ見た?やり尽くされた成金黒人ミュージシャン物だが逆に狙ってコテコテなのを今、やってウケてしまった。

460:
>>13
あれマーク・ロンソンの趣味でしょ

15:
人間風車ブルーノ・・・

160:
>>15 サンマルチノは人間発電所だ

454:
>>15
人間風車はビルロビンソンだろ。

17:
クラフトワークってまだいたの?

58:
>>17
オリジナルメンバーはラルフ・ヒュッターのみ。ライブスタイルは40年間変わることなく直立不動。ある意味、無形文化財。

22:
洋楽もここまで落ちたか

23:
That’s What I Likeって曲聞いたけどヤバいなこれ
中毒性がすごい

27:
ノリノリだからクラブで流れまくってんだろ

30:
無難な歌詞、音
高齢の白人ウケする
知名度ある
結果今年はブルーノマーズが妥当→受賞

やっぱり保守層の音楽祭、これがグラミーなんだなぁという感想

46:
>>30
そもそもアメリカって国自体もともと保守的だし

559:
>>30
BSニュースでグラミーの模様を報じてたがセクハラの告発支援までは理解できるが
なぜかトランプ政権批判まで始めてキモイ学芸会化してたよ。

34:
ブルーノマーズってラルクのハイドと身長がどっこいどっこいなんでしょ

35:
こいつのライブめっちゃ楽しそう

36:
星野源がブルーノマーズをパクッてるって・・・
ブルーノも星野もモータウンの全盛期の影響を意図的にうけてるだけ
ほんとになんにも知らないのに邦楽オタは語る語る

44:
>>36
星野源のはジャクソン5の劣化丸パクリの上にクソ声音痴のリズムカスでゴミとも言えないだろあれ

37:
人力グルーヴは死んだのか

38:
こいつの楽曲は俺のマイメン秋元康パクリ

41:
今年はケンドリックにとってほしかった

43:
合間のスピーチが政治色がどんどん強くなってうんざりだよー

45:
川崎麻世始まったな

51:
今90年代みたいな曲調だよね ブルーノマーズ

59:
とりあえず一極集中させるのやめたら?
ここ数年多いよ、アデル、サム、ブルーノ

別にこいつら嫌いじゃないけど白けるんだよねえ
貰い過ぎだよ、そこまで良くねえよってね

104:
>>59
投票権持ってるジジイはもう歳なんであんまり攻撃的じゃないジジイでも理解できる曲がお好き

74:
ラジオとか耳で名前を聞くだけだったから、今までずっとブルー・ノマーズだと思っていた

77:
That’s What I Like流れまくってたからなぁ日本でも

84:
ブルーノいいじゃん
むしろここ最近はガガかブルーノくらいしかいない

124:
>>84
何がいいのかわからんよ
やってる音楽古いし
かと言って古いのに熱くも何ともないし
ショーが素晴らしいというならあーそうですかという感じ

86:
洋楽の歌詞ってアホらしいのが多くて笑いをこらえるのに必死だわ

96:
最近の洋楽はトラップが流行りすぎててつまらん

99:
ロックとかいう古臭い音楽が流行ってるのは日本だけだろ

109:
アップタウンファンクしか知らん

119:
うちのテレビは4Kにもなってないのに

120:
ブルーノ・マーズは少し前の曲の方が名曲多いぞ

121:
去年ブルーノが追悼でプリンスのレッツゴークレイジー演じたとき
モーリスデイが凄くムッとしてたように見えたのは気のせいか
てかあの時のモーリスのジャングルラブとザバード最高だった

125:
売れるべくして売れてるわな
やっぱ本物じゃないと生き残れないんだろう
日本は玉虫色だがアイドル方面は別枠にしないかね…

132:
ケンドリックラマーはラップヒップホップ部門に留まったか

134:
メリケンオナニィいちいち日本で報道すんなよ
何の価値もない情報

145:
よくも悪くも分かりやすいのが受賞する辺り、あくまでマス向きの賞なんやなと

147:
アレッシア・カーラいい

150:
来日したとき加藤とテリーのカスが怒らせたとか見たけど何ヤッたん

161:
ブルーノマースってあめりかの三代目ジェイソウルブラザーズだろ
そんなのがグラミーとるとはレコ大と変わらんな

163:
なんかガガの顔に違和感
とくに鼻が気になった

165:
このひとアフリカ系じゃないんでしょ
それなら久保田利伸も頑張ってほしいね

166:
どれも聴く価値無し
ウィーザーのファースト聴いてたほうがマシ

171:
エド・シーランじゃないんだ

184:
正直言って日本レコード大賞とは次元が違うよな
邦楽もいいのたくさんあるんだけどねぇ

188:
ケータイのプレイヤーかYouTubeでしか音楽聴かないような何かにつけてあーあの曲流行ったね~とか流行りでしか見れない芸スポにいる連中がブルーノマーズを批判するとはな

195:
>>188
ブルーノマーズの音楽自体崇高なものではないし

190:
そんないいアルバムだったとは思えないけどなあ
前2作の正統派R&B路線が良かったのに

194:
最近のブルーノマーズは懐メロ路線やりすぎ。新曲のfitnessとか完全にニュージャックスウィングだった。

204:
>>194
そうそう、世界で名のあるブルーノマーズだからこそ売れて評価された作品って感じ。

196:
こんな奴でも獲れるなら平手なら余裕だろ
本気でアメリカ進出して欲しいわ

208:
フーファイとマストドンも獲ったんか。去年今年とサマソニ出演者やな

214:
ダンスも歌も上手いのって女だとビヨンセが既にいたけどその男版て感じ
身長低くてスタイル良くないのが残念だがプエルトリコ系とフィリピン系のミックスなら仕方ないか
白人だとガガやジャスティンビーバーが限界なのかもなと思ったり

220:
本場アメリカも雰囲気ミュージシャンが幅を利かせてるな
どこの国も懐メロでお茶濁ししてんのかな

223:
ファンクの要素が強いのが良いんだろう。
久しぶりの大物か。

241:
ブルーノ・マーズからゴッド・マーズに改名だ。

250:
売り上げ枚数はすごくても記憶に残る歌手とも思えない
今が旬で大きな打ち上げ花火が終ったらそれまでって感じだ
線香花火程度でも壮絶なインパクトを与えるバンド歌手もいる

256:
今年はエドシーランかケンドリックラマーだと思ってた
やっぱつえーな

271:
ロックって向こうじゃ懐メロのダサ音楽に成り下がっちゃったからなあ

277:
ブルーノ・マーズなんぞ5年後には忘れ去られてる

294:
ラジオでかかってた位でしか知らなかったけど
ボビーブラウンのサウンドを現代の洗練した音に焼き直した感じする

299:
昔は中高生は皆マドンナやMJ、プリンス聞いてて邦楽はダセーみたいな雰囲気だった
最近はサチモス聞いてるのがオシャレみたいな感じだもんな
邦楽が進化したのか、時代が変わったのか

312:
英語の歌詞なんて
かわいいビッチに振られて自分の友人に取られた、なのにまだ忘れられない
って恋愛ソングばっかやん

319:
YouTubeで聞いた限りではアップタウンファンクの何がいいのか理解できんかったな
エドの方がずっと良いだろ

320:
エドが2冠でよかった。
非常に納得したグラミー賞であった

337:
>>320
おまけ部門の受賞だけどね

主要部門はノミネートすらされなかった

321:
ブルーノがチャイルディッシュ・ガンビーノに勝つとかグラミー終わってんな

325:
ガンビーノのRedbornは名曲
ティアンジェロに歌ってほしかった

333:
グラミー賞も堕ちたな

341:
You Tubeで何曲か聞いただけでもうお腹いっぱいになったわ。
外人はやっぱりメロディよりリズム好きなんだね。

351:
ブルーノの話でメロディは終わったとか外人はメロディよりリズムが好きって
ブルーノってメロディまみれでは?なんか認識が全然違うの感じる

356:
サマソニあたりが頑張ってヘッドライナーにしてほしい

360:
ブルーノを聴くんなら、昔の洋楽を聴いたほうがマシよね

363:
>>360
ほんとそう。
レイ・チャールズとかジェームス・ブラウンとか最高。
上手すぎる

362:
えーあんな過去の焼直し的なアルバムが
グラミーの投票会員そろそろリフレッシュしたほうがいいんでないの

373:
>>362
だから今回グラミー総ナメに出来たんでしょ
ブルーノは悪いゴシップとかもないし老若男女人種関係なく誰もが聴きやすい分かりやすい音楽性で世界的に売れてるからこその今回の結果

365:
アルコ&ピースの D.C.ガレージで初めて知った

369:
あの黒人の原始音楽というか自然発生的な、腹で弾くブルースをやれる奴はもうおらんのやろう。

381:
貞子が出てきて太鼓叩いてた

387:
ブルマすげーよ

394:
ヒップホップならミーゴスが頭空っぽにして聴けるから好きだな
こいつらがグラミー獲る事はありえんが

395:
エド・シーランてあの見た目でよく売れてるよな

406:
The National前回数年前に来日のホステスクラブで観たな
ワインボトル投げてた
そろそろまた来日して欲しいな

412:
MVがどれも好きだわ
取り巻き4人(いずれもチビ)がとても良い

引用元: ・【音楽】第60回グラミー賞:ブルーノ・マーズが主要三部門を含む最多6冠達成! ★2