スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

井筒親方が死去 58歳【元関脇逆鉾】

1: 大相撲の井筒親方(元関脇逆鉾)が16日、都内の病院で死去した。58歳だった。

9/16(月) 23:32配信日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190916-09161163-nksports-fight

井筒親方(2018年12月19日撮影)



最近の投稿

宮川典子衆院議員(40歳)が死去 乳ガンのため【自民】 

1:  自民党衆院議員の宮川典子(みやがわ・のりこ)氏が12日午後8時25分、乳がんのため、東京都内の病院で死去した。40歳。葬儀・告別式は未定。

 宮川氏は昭和54年、山梨県生まれ。慶大卒業後、母校である山梨学院付属中学・高校の教師、松下政経塾などを経て平成24年12月の衆院選に山梨1区から出馬し初当選。29年8月から昨年10月まで文部科学政務官を務めた。

 女性の政治進出にも取り組み、国政選挙や地方議会選の候補者数をできる限り男女均等にするよう政党などに努力義務を課す「政治分野の男女共同参画推進法」の成立にも尽力した。

 29年10月の衆院選では比例南関東ブロックの単独1位で3選を果たした。宮川氏の死去により、自民党の同ブロック名簿の次点が近く繰り上げ当選する見通し。

https://www.sankei.com/politics/news/190912/plt1909120037-n1.html

安部譲二さん、急性肺炎で死去 82歳「塀の中の懲りない面々」など【作家】

1: https://www.asahi.com/articles/ASM983CXRM98UCLV001.html
2019年9月8日10時22分

 刑務所での収監体験をユーモラスに描いた自伝的小説「塀の中の懲りない面々」などで知られる作家の安部譲二(あべ・じょうじ、本名安部直也=あべ・なおや)さんが2日、急性肺炎で死去した。82歳だった。葬儀は近親者で営んだ。喪主は妻の美智子さん。

 東京都出身。中学時代に暴力団に加わり、その後は客室乗務員、ばくち打ち、用心棒、キックボクシングの解説者などを経験した。東京・府中刑務所での実体験をもとに描き、映画にもなった1986年のデビュー作「塀の中の懲りない面々」が大ヒットした。「塀の中のプレイ・ボール」「極道渡世の素敵な面々」など極道をテーマにした軽妙な作品を次々に発表して人気を博した。(興野優平)




京浜急行電鉄踏切で電車とトラック衝突 【横浜】

1: https://www3.nhk.or.jp/news/realtime/rt0001118.html?utm_int=all_contents_realtime_001

【速報】
京浜急行電鉄によると、横浜市内の京急線踏切で、列車とトラックが接触する事故が起きた
https://twitter.com/jijicom/status/1169449082365992960
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

AWS日本拠点でシステム障害【アマゾン・ウェブ・サービス】

1: AWS日本拠点でシステム障害 PayPayなどに影響
2019年8月23日16時18分
https://www.asahi.com/articles/ASM8R555TM8RULFA017.html?iref=comtop_8_01

米アマゾンが運営するクラウドサービス「AWS(アマゾン・ウェブ・サービス)」の日本のデータセンターで23日、大規模なシステム障害が発生した。アマゾンによると、関東エリアにあるデータセンターで23日午後1時過ぎに障害が発生し、午後3時半現在も復旧していないという。AWSは多くの企業がネットサービスのために使っており、企業の顧客がサービスを一時利用できなくなるなどの影響が広範囲に出ている。
障害が起きたのは、クラウドサービスで計算処理をする仮想サーバーと、データを蓄積・管理するデータベース。いずれも原因を特定しており、復旧作業を進めているという。
AWSを利用する企業のサービスにも広範囲に影響が及んでいる。スマホ決済のPayPay(ペイペイ)で断続的に支払いやチャージができなくなっているほか、会計ソフトのfreee(フリー)などでも障害が発生している。一部のオンラインゲームも利用できなくなっているとみられる。(村井

園田小波先生が乳がんのため死去 【りぼんで連載の漫画家「チョコミミ」】

1: https://natalie.mu/comic/news/344185
2019年8月19日 19:22

「チョコミミ」の園田小波が8月4日に乳がんのため死去したことが、りぼん(集英社)の公式サイトにて発表された。

1995年にりぼん早春のびっくり大増刊号(集英社)にて、「ハイテンション・アワー」でデビューした園田。2004年にりぼんで連載がスタートした「チョコミミ」は、2007年から2008年にかけてTVドラマ化も果たしている。発売中のりぼん9月号では、同作は園田の体調不良のため休載していた。

https://cdnx.natalie.mu/media/news/comic/2019/0819/choco_fixw_640_hq.jpg

http://ribon.shueisha.co.jp/news/20190815/index.html
園田小波先生 ご逝去の報

令和元年8月4日、
園田小波先生が、乳がんのために逝去されました。

園田先生がりぼんで『チョコミミ』の連載を開始されたのは、
平成16年4月号のことです。

友情に恋におしゃれに、女の子の好きなものを詰め込んだ
唯一無二のギャグ&ショートとして一躍人気になった『チョコミミ』は、
その後、TVドラマにもなり、約15年ものあいだ、
たくさんの人に愛されるロングヒット作品となりました。

しっかり者のチョコとマイペースなミミと、その愛すべき仲間たちは、
これからもずっとずっと私たちに笑いと幸せを届け続けてくれることでしょう。

『チョコミミ』は永遠にりぼんの宝物です。

最後までりぼん読者のために描き続けてくださったことに、
感謝と尊敬の念を抱きつつ、
これからも私たちは、先生が築いたかけがえのない世界を
大切に守っていきます。

園田先生、本当にありがとうございました。

令和元年8月19日
りぼん編集部一同